家族葬という葬儀を実行

家族葬という葬儀を実行

以前から私たちの家族は葬儀はこじんまりとしたかたちで家族葬で行おうときめていました。しかし、家族葬がいいといいながらも地域や親戚のしがらみもありなかなか実際に家族葬を行うところはあまりない状態でした。そんなおり、私の家で葬儀を行うことになり以前から話していた葬儀を家族葬で行うことになりました。地域の人はそのような葬儀の形式は初めてで戸惑っているようでしたが、全ての今までの習慣をお断りする形になりました。おそらくこのような形で葬儀を行ったのを快く思っていない人もいるのではないかと思います。しかしいろいろな形の葬儀があってもいいのではと思っています。家族葬そのものは親戚からもよく思っていない人もいるようですが故人や家族が納得いく葬儀ならそれでいいのではと思います。実際に実行すればそれを止めてまで反対する人はいませんでした。

団体そうという葬儀もあります

葬儀の中には珍しいものとしまして、団体葬というものも存在しています。

あまり知られてはいないものですが、積極的に団体葬を選択する場合もあります。
団体葬という葬儀ですが、個人葬とは別に行われることになります。

特定の団体が主催する葬儀になります。企業とも違う存在である団体が行う葬儀ですので団体葬と呼ばれるわけです。

企業以外の様々な団体が葬儀を主催することもあります。
故人が生前に何らかの団体の所属しているような時に、そういったものを利用することもあるわけです。

団体が行ってくれるわけですので、そちらの方に配属の方はあまり負担にならない事が多いのも特徴です。
ただ、団体葬という葬儀はそれほど多くないのが実情です。
数は限られます。

 


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar