神道式の葬儀-1

神道式の葬儀-1

なぜ葬儀は神道式ではなく仏式が圧倒的なのか

神社では通常墓地を所有していないことをご存知だったでしょうか。

したがって神式でお墓を建てる場合には、公営や民営の霊園の墓地を購入する必要があるのです。また、日本軍人のお墓は神道墓で建てられていることが多いようです。

現在の日本で行われる葬儀では、94%は仏式で行われ、神道式(神葬祭)の割合はわずか2%(キリスト教式1%、その他3%)だそうです。もともと日本人は宗教の信仰心が薄いためか、神道と仏教、はたまたキリスト教までもが入り混じる年中行事や祭事を行っています。

仏壇と神棚が同じ家の中にあったり、初詣、お宮参り、七五三は神社へ出向き、結婚式はキリスト教式で行ったり、と。しかし、一貫性がなくともさまざまな場面で神社との関わりを持ちながら生活をしているというのに、なぜ葬儀となると神社との縁が極端に薄れてしまうのでしょうか。

神葬祭の割合が低い理由のひとつに、江戸時代に体系化された寺請制度(檀家制度)の影響があげられるようです。たとえ神社を司る神職といえどもお寺に属さなければならず、すべての民衆は特定寺院の檀家になることが義務付けられたのです。

宗旨人別帳(宗門改帳)で戸籍として管理をされ、葬儀も仏式で行われていたのです。明治になると、神仏分離令が施行されてから神職による神葬祭が行われるようになりましたが、この頃にはすでに確立されていた檀家制度がその後も安定した基盤を持ち続けていたため、神葬祭が一般に広がることがなかったようです。

また、神道においての「死」に対する考え方が神葬祭の広がりに歯止めをかけたとも言われています。神道で「死」はけがれとみなされるため、神社で葬儀を行うことはもちろん、鳥居をくぐることさえ許されません。死は「不浄」「けがれ」であるということから神職は近づくべきではないとされてきた一面があったのです。

しかし現在では、神葬祭に対する興味の目が増えてきているようです。昔のような葬儀に対するタブーは緩和された風潮もあり、何より荘厳な神道式に趣を感じる人が増えたためのようです。神社を統括する神社本庁では「死者の不浄を祓い清めて、その不幸や悲しみを神葬祭や霊祭によって浄化することも大切なつとめ」として神葬祭の普及につとめているそうです。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar