独創性のある無宗教葬のお葬式

独創性のある無宗教葬のお葬式

無宗教葬は、スタイルにとらわれないで、一般の神式の奏上、仏式葬の読経などに替えて、ご家族の思い出の曲生前に故人がお好きだった曲の生演奏を主に、テープやCDの音楽を使用して営むスタイルの葬儀です。
無宗教葬で主として使用される楽団は、主にピアノトリオまたはピアノが多くなっています。
また、無宗教葬では、その他にギター・フルート・ヴィオラ等のご要望の楽器などの組み入れも可能で、ご友人ご家族での楽器演奏のサポートも行っています。
無宗教葬での曲は、静かなクラシックの曲を用い、演歌やポピュラーなど生前に故人が好まれた曲を使用することが可能です。
そして、しめやかで厳粛に、独創性のある無宗教葬のお葬式を創り上げることが出来ます。

無宗教葬の体験談と行う時のコツ

結婚式が様々な形を取るように、最近では葬儀も形式が多様化しています。
その代表的な一つの形が「無宗教葬」です。
無宗教葬とは、簡単に言うとお経の代わりに故人が親しんだ音楽や、故人に思い出のある音楽を流して送り出すものです。
「自分らしい葬儀の形」として広がりつつあります。
私の父は、この無宗教葬という形を取って送り出しました。もともと父親も母親も宗教には囚われない人だったので、父の最期を「父らしく」見送る形を考えていました。
そんな中で葬儀会社の人に提案されたのが「無宗教葬」です。
まだ当時は無宗教葬の知名度も低くかったのですが、父の愛した音楽を流したその葬儀は、多くの人に良かったと言ってもらえました。
ただし、親族の中には従来の葬儀の形にこだわる人がいることもまた事実です。
ですので、事前に無宗教葬の形を取ることを了承しておくとトラブルなく執り行うことができます。
葬儀について


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar