音楽葬は無宗教葬の中に含まれます

音楽葬は無宗教葬の中に含まれます

音楽葬というのは、キリスト教の葬儀の讃美歌や仏式の読経の代わりに、生前に故人が愛していたような曲や深い関係のあるような音楽を、生演奏やテープなどを利用して葬儀会場で流すスタイルの葬儀のことを言います。
音楽葬は無宗教葬の中に含まれます。
無宗教葬の中でも、音楽葬の特徴は音楽が主になっていることが挙げられます。
音楽葬などの無宗教葬というのは、特定の宗教の伝統的な作法や葬儀方法にこだわらないで、一切宗教者の葬祭行為がない自由なスタイルで行われる葬儀のことです。
音楽葬などの無宗教葬は、一般に「自由葬」と言われる場合もあり、「プロデュース葬」と言われる場合もあります。
しかし、厳密に言うと、無宗教葬は自由葬の一つで、自由葬が無宗教葬ということではありません。
音楽葬にかかる平均的な時間について

葬儀を行う時には、その葬儀がどれくらいの時間かかるのか、という部分が気になってしまっている方も多いはずです。
葬儀の時間ですが、出席者の方にあまり時間の負担を与えたくないと思っている方も多くいらっしゃるはずです。
そういった時に、葬儀を行う時間が前もってわかっていれば安心でしょう。
ちなみに葬儀の中には音楽葬というものがあります。
音楽葬については近年、選択される方が多くなってきましてにわかに注目され始めているわけです。
音楽葬というものを候補に入れている方は、まずどの程度時間がかかってくるのかをチェックしましょう。
まず音楽葬ですが、無宗教で行われますので、宗教者のかかわるようなことがありません。
ですので、時間を大幅にカットできます。通夜と葬儀の両方とも30分程度で尾わえるとも言われています。
これは場合にもよりますので、確実にそれだけ短時間とはいきませんが、音楽葬は長時間はかからないということが確実でしょう。
音楽葬・家族葬・無宗教葬について


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar